2014年の成果を力にして、2015年大きく飛躍しよう

安倍内閣の暴走政治の中で進めた原水爆禁止運動でしたが、数々の成果を残して終わろうとしています。


この1年間、総会・各種会議、核兵器全面禁止アピール署名や毎月の6・9行動、横須賀25日行動、原爆展開催など草の根からの活動をすすめてきました。

また、原水禁運動ならではの歴史と伝統の3・1ビキニデー、平和行進、世界大会も大きな成功を収めることができました。

さらに、原子力艦船入港抗議、ちひろカレンダーの普及、ウィーンでの「核兵器の人道的影響に関するウィーン国際会議」に笠木事務局長の代表派遣やNPT成功・署名推進のための募金にも取り組みました。多くのみなさんのこれらの活動へのご支援ご協力に心よりお礼申し上げます。


2015年は被爆70年で、5年に1回のNPT再検討会議が開かれる年です。

核兵器廃絶の実現にとってたいへん重要な節目の年となります。被爆者の皆さんは、被爆70年に核兵器廃絶の大きな前進を強く願っています。

NPT再検討会議最大の焦点は、核兵器禁止条約に向け踏み出すかどうかです。

そのためにも核兵器全面禁止アピール署名の60万筆目標を、一日も早く達成させなければなりません。その署名をニューヨークに届けるためにもNPT参加者の120名選出もやり遂げましょう。


2015年は、新年から具体的な飛躍をつくる行動が大切になっています。

みなさん。2015年もご支援をよろしくお願い申し上げます。


神奈川県原水協理事長片野憲二

神奈川県原水協通信80号を発行しました

ダウンロード
神奈川県原水協通信80号
神奈川県原水協通信No80.pdf
PDFファイル 431.8 KB

片野憲二理事長のあいさつ

今年最後の25日行動


ほか


原子力空母はいらない!2014年最後の横須賀25日行動

底冷えのする寒い中、通算74回目、今年最後の「横須賀25日行動」が京急横須賀中央駅前広場で、25日午後行われ19人が参加しました。

 

この日はクリスマスで、新婦人のみなさんがサンタの衣装で宣伝・署名を行いました。

「子どもたちに核兵器のない地球、原発のない日本、原子力空母のいない首都圏をプレゼントしよう」「署名で1年の平和の行動のしめくくりをしましょう」と訴えました。

 

寒い中でしたが、駆け寄って署名する人、対話の中で署名する高校生、対話に夢中になる市民などが多く見られました。

この日の行動で、アピール署名数97筆、空母いらない署名58筆、チラシ配布300枚、募金700円でした。

続きを読む

神奈川県原水協通信79号を発行しました。

ダウンロード
神奈川県原水協通信No79.pdf
PDFファイル 427.7 KB

核兵器全面禁止アピール署名

NPT再検討会議代表選出

ちひろカレンダー普及


など


元気に核兵器廃絶に向け2014年の活動スタート!

署名行動参加者で記念撮影
署名行動参加者で記念撮影

 

 -桜木町駅前広場で、6・9行動-


 県原水協は、1月6日、JR桜木町駅前広場で2014年新春6・9行動。真っ青に晴れランドマークがくっきりと見える桜木町駅前広場に、県原水協、新婦人県本部など12名が参加して宣伝と署名行動を行いました。この行動にはトランペッターの松平晃さんも参加し、署名行動を盛り上げてくれました。通行する人の中には立ち止まって演奏を聴く人や写真を撮る人もいました。
 県原水協の笠木隆事務局長は、「今年は平和を守る上でたいへん重要な年です。安倍内閣の戦争する国づくりへの暴走を許せば、日本の国がまた被爆者を生み出すことにつながります。平和の外交を進めるためにも核兵器をなくすことが今重要です。 2015年に向け核兵器禁止条約の協議開始を求める世論と運動を草の根から起こしましょう」と訴えました。
 初出勤のサラリーマンや冬休みの親子連れが行き交う中、女性や若い男性などが署名しました。「私にできることで応援したい」と署名した後、5000円の募金をした90才の女性。「自分は広島出身です。署名をさせてください」と言って署名した青年。鞄を      かかえ急ぎ足の中で署名したサラリーマン。「がんばってください、よろしくお願いします」と署名した親子連れの女性などがいました。
  この日、署名46筆、募金5400円、チラシ配布は120枚でした。

続きを読む